Fカップの美容学生と(後編)

美容学生とデートを決めたりょうすけ

はりきって、アポに行って観るとまさかの超巨乳美容学生だったのでした。

居酒屋に入りトークを試しました。

日々の話、どんな1日を過ごしているのか、そしてどんなことが大変でどんなことが楽しいのかを聞き出していきました。
美容学生のスケジュールってかなり忙しそう…
そして、カラオケでのバイトが大変な話も聞きました。

話は広がっていき、相手の将来の夢の話になりました。

「自分は母子家庭に育って母親と二人暮らし、お金を実家に入れながら生活してるから大変だけどいつかは自分のお店を持ちたいんだよね。」

とても心優しい子だなと思いました。

ただ、優しすぎて疲れてしまうのではないかなと思いました。

「〇〇って優しすぎて疲れちゃいそうだよね。意外と甘えん坊そう笑」

「えー、わかるの…?」

「そんな感じがすごくするよ。しっかりしてるから周りの友達にも頼られそうだし」

「りょうすけは私のことなんでもわかっちゃいそう」

「そんなことはないけどね」

横並びに座って飲んでいたのに、気づいたら2人とも向き合って飲んでいました。

そして、彼女がトイレに立った時に携帯をみると20:15でした。
予定からずれ始めていました。

結局なかなか「次に行こう」という言葉が言い出せずにいました。

勇気を決して
「そろそろ行こー」
と言うと2人で席を立ち会計を済ませました。
2人で4200円

彼女は半額出してくれましたが、千円だけもらいあとは返しました。

手を繋いでカラオケに向かおうと思ったのですがなかなか勇気が出ずにふらふらとしてそのあと歌舞伎町の方のカラオケに入りました。

「疲れちゃったしカラオケでお茶しながら歌お〜笑」

とりあえず1時間で部屋を取り入室。

「俺明るいなかで歌うの恥ずかしいから電気消して良い?」

「いいよ〜」

お互いに曲ほど歌ったのちに、選曲を一緒にしながら近くに寄る。

ネイルをみる口実で手を取ってみる
「ネイルしてるの?あ、美容師だからできないのか!てか手綺麗だね」

「ありがと笑」

何も言わずに手を繋ぐ。
向こうも握り返して来る。

行けるのではないかと思って
そこからは距離を詰めてキスをしました。

とても緊張しました。

拒否されたらどうしようとか、失敗したらどうしようとか考えながらキスしました。

なかばどうにでもなれと言う気持ちもあったような気がします。

軽くキスをしました。

そのあと少ししてもう一度キス

向こうも乗り気になってきたのでさらにキスしてつぎは舌を入れました。

彼女は口を開いて受け入れてくれました。そこからどんどん激しくなっていきました。

彼女からくぐもった喘ぎ声のような吐息が出てくるのがわかりました。

胸を触ると
「ここじゃダメ…」
と恥ずかしいそうにうつむきました。

胸は近くで見ると思っていた以上に大きく、ありえないくらいに興奮しました。

体感Gくらいはあった気がします。

「場所変えようか」
「うん…」

そこから準備をして退店しました。
1時間で入ったものの40分くらいで退店しました。

僕はこの続きが出来るという高揚感を必死で抑えながら会計を済ましてホテルに向かいました。

ホテルに向かう間は手を繋ぎました。

考えていたルートでホテルに行きました。

そして、ホテルの部屋に入るや否や先ほどの続きを

向こうもこっちを求めてきているのがわかりました。

胸を揉み服を脱がせました。

あまりの大きさにどうしていいのかわからないくらいでした。

再びキスをしてそのままブラジャーも取りエッチをしました。

初めてな大きな胸を堪能しました。

人生初のパイズリも経験しました。

正直夢なのかなとも思いました。

そして、そのまま彼女と一つになったのです。

彼女の終電の時間まで3回戦くらいして解散しました。

また会う約束をしました。

-------------------------------------------------------------- 僕のナンパを始めたきっかけについて動画にしましたのでよかったら見てみて下さい! チビで悩んでる人にこそ見て欲しいです!! 逆に容姿で悩んだことない人は見なくて大丈夫だと思います笑

https://youtu.be/aXDV5XqeTEg

身長161cmの僕がナンパを初めて女に困らなくなるまで
https://youtu.be/aXDV5XqeTEg

僕は今まで100人以上の恋愛指導、ナンパ指導をやってきました。

僕は22歳にして250万円払い、 ナンパを習うことをとおして多くのことを学んできました。

才能がもとからあったんじゃないのか? 元からモテたんじゃないの?

と言われたこともありました。

でも元からモテてたわけでもないし、才能が特別あったわけでもないありません。

ましてやチビでコンプレックスを抱いていた僕にはナンパや恋愛というのはとてもハードルのたかいものでした。

そんな僕でも気づけばコミュニケーションや女性関係に困ることがなくなりました。

以下の記事で詳しく話していますので、ぜひ読んでみてください。

身長161cmの僕がナンパを初めて女に困らなくなるまで

⬇︎こちらのボタンを押してもらえると僕の身長が1mm伸びます!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です